2013年09月02日

瞑想の生理学

15年くらい前でしたがスゥェーデンでゴルフのセミナーがありました。

その時に予備知識として、

「瞑想の生理学」と言う本を読んでくるように指示されました

その時の代表はピア ニールソンで アニカソレンスタムを世に排出した人です。

内容は文字通り瞑想に関してですが、西洋のそれもスゥェーデンの人が

東洋の瞑想にそのころから着目していた事には驚きです。

ですから「54ビジョン」というとてつもない構想が地に足を付けた状態で実現する事が出来る。

全く尊敬以外の何の言葉も見当たりません。内容を説明すると10日くらいかかりそうなのでやめますが

人間として当たり前の教養あってこそアニカのような選手は育つと思いました
posted by epac at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73913650
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック