2014年09月13日

ハンデキャップでの競技

エパックのコンペは、ぺリアではなく本当のマイハンデで行います。
ぺリアというのは主にバブルのころ
あまり面識のない人が集まり、たまにコンペをするときに重宝でした
しかし、うちはスクールなので、ハンデを自分で更新することに
練習の意義を感じることが大切だと思いこの方式でしています
ハンデが多いと優勝する確率は高くなりますが
私はハンデをたくさんもらって優勝したいと思ったことがないので
皆さんもハンデが少なくなることに喜びを持って練習していただいたほうがいいと思います。
常に、進歩していくことに意義があります。
そして、自分とゴルフとどう付き合うか
健康で長く趣味として、しかし、一つの特技として上達していく
ことが私の願いです。__.JPG
posted by epac at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103575896
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック